マンモグラフィーで石灰化があると言われましたが、どのようなものですか?- 林医師のオピニオン

林 直輝 医師
[オピニオン]
聖路加国際病院 乳腺外科医長

マンモグラフィで指摘される石灰化は良性と悪性があります。

良性の石灰化は、乳管という母乳の通り道の中の分泌物が変化したものや、のう胞線維線種などの良性のしこりの一部です。悪性の石灰化は、がん細胞が作る分泌物やがん細胞の壊死によって生じたものです。

マンモグラフィ上で、乳房内の石灰化の形や広がりをもとに良性か悪性かを区別がしやすいものと、区別しにくいものがあります。区別ができない場合は、他の超音波検査の所見などと組み合わせて、組織検査をして乳がんがないかを確認します。

経年的に検査を受けて変化があるかも大事な事なので、以前の所見と比較して判断する事はとても重要です。

林先生の情報を見る
[備考] 本オピニオンは、医師が経験に基づき一般的な医学的見解を述べたものに過ぎず、個別の事例についての所見を述べたものではありません。 個別の症例については、必ず医師に直接ご相談下さい。

オピニオン一覧に戻る