用語:炎症性乳がん

炎症性乳がんは、全乳がんの約0.5~2%程度の発生頻度の稀なタイプの乳がんです。がん細胞が乳房の皮膚内のリンパ管を塞ぎ、非常に悪性度の高いがんです。

大部分の炎症性乳がんは、浸潤性乳管がんで、乳房内の乳管の壁を覆う細胞から発生し、そこからさらに深く広がります。

乳房が腫れて赤くなりやすい、すなわち、炎症みたいに見えるため「炎症性」と言われますが、主な症状は以下のとおりです。

  • 紅斑(発赤)、浮腫(むくみ)、および橙皮状皮膚(皮膚の盛り上がりやくぼみ)の急激な発症、乳房の異常な熱感。
  • 紅斑が乳房の3分の1以上に発生します。

炎症性乳がんの特徴としては以下があげられます。

  • 若年で診断される傾向があります。
  • 標準体重女性と比較して、肥満女性でより高頻度で認められます。
  • ホルモン受容体陰性であることが多いです。このため、タモキシフェン(エストロゲンが促すがん細胞の増殖を阻害します)などのホルモン療法剤で治療できません。

炎症性乳がんはしばしば診断が困難で、大抵の場合、視触診やマンモグラフィ検査で発見できません。また、炎症性乳がんと診断される大多数の女性患者では乳房組織が高濃度で、マンモグラフィではがんを見つけにくくなります。

炎症性乳がんは、数週間から数カ月で進行することが多く、マンモグラフィの定期検診の間に急速に進行する可能性があり、また、乳腺炎や他の種類の乳がんと誤診されることがある困難な乳がんです。

炎症性乳がんの症状である、乳房の急激な増大、乳房の重感、灼熱感、圧痛、乳頭の内転、脇の下や鎖骨付近のリンパ節腫大は、他の乳がんや別の疾患でも認められることも、炎症性乳がんの診断が遅れる理由となっています。

用語集に戻る