用語:免疫チェックポイント阻害剤

人間の身体は、外部から細菌やウイルスといった異物が侵入すると免疫によってそれらを排除しようとします。

がん細胞は、健康体であっても体内で発生しているものなのですが、免疫によって死滅させられるため、健康が維持されています。ところが、何らかのきっかけでこの免疫の攻撃から逃れたがん細胞が増殖を繰り返し、いわゆる「がん」になります。

近年、がん細胞は、免疫の攻撃から逃れるためのメカニズムを有していることがわかってきました。免疫細胞には「免疫チェックポイント」という、免疫が過剰な反応をしないように、ブレーキ役のタンパク質(受容体)が存在します。

がん細胞は免疫チェックポイントに自らが持つタンパク質を結合させ、「ブレーキをかけろ」とニセの指令を出すことで、免疫細胞の攻撃を逃れることがあります。「免疫チェックポイント阻害剤」は、こうしたブレーキ役のタンパク質に作用し、免疫細胞にがん細胞をきちんと攻撃させる薬です。

用語集に戻る